FC2ブログ

大陸恋慕

新元号、新生活の時期に色々と切り替えるのにピッタリのニュースでしたね。こういうイベントにかこつけて気持ちを一旦リセットするというのも良いことかもしれません。


どうも、ジャムです。


3月末から最寄りの駅周辺も新店舗オープンやリニューアルやらでざわついています。電車も新しい学生さんや新社会人さんたちが大勢乗っています。私は新年度から風邪でダウンしてしまいました。なんの心当たりも無いままに風邪をひくので予防しようにもできず困っています。体が弱くて長生きできそうにないと思うのですが、それくらいの方が気楽で良いかもしれません。


そんなわけで最近は以前にもましてやりたい事はさっさとやる必要性を感じています。ちょうど今年のGWは10連休なので旅行にでも行こうと計画しています。長期的な目標としてはお金を貯めてウズベキスタンに行くことです。


日本に住んでいると水や植物が当たり前のように身近にあるので、そういった土地が豊かな土地であり人が住みやすい場所であり、そんな所に国ができるとただ漠然と考えていたわけです。


しかし私の大好きなウィキペディアのこのページを見ていると、必ずしも日本のように温暖湿潤な場所だけに国ができるわけではないし、日本とは全く違った環境であっても当時の世界で最も栄えていると言えるような国だってあるわけです。


同時にグーグルマップの航空写真画像と見比べると砂漠のような場所に街があったり国があったりしているわけで、しかも王朝が代われどそれが現代まで続いていたりするわけです。


古代メソポタミアは今でこそ砂漠化していますが、当時はとても肥沃な土地だったそうです。ここまではすんなりと理解できます。水と緑があれば豊かな土地だと。しかし、メソポタミアは金属や木材、石材といった資源が乏しい土地だったそうです。そうすると当然周囲のそうした資源を持つ土地との交易が生まれます。つまり水や緑に乏しい土地でも交易などによって豊かになれるという、考えてみれば当然のことが自分の頭の中で抜けていたわけです。


振り返ってみれば、中学や高校で習った歴史はだいたい西洋史と中国史で、おまけ程度にインドやイスラム圏の話が出てくるようなものでした。すごく大雑把な括りで言えば、ヨーロッパも中国も砂漠ではありません。水と緑がある土地です。砂漠の中で栄えた街や国がなぜその場所で栄えることができたのか。その理由を想像できるだけの材料が自分の中に無いと気付きました。


そんなことを考えていたので実際にそういう場所に行って見てみたくなったのです。自分が住み慣れた環境とかけ離れた場所でなぜ豊かさが生まれるのか。あるいはかけ離れたと考えているだけで実際は似ているのかもしれない。想像できないくらい知らない場所となると中国やヨーロッパではなく中央アジア辺りがそうだろうと目星をつけました。


実際に行けるかは分かりませんが、最近は中央アジアとかペルシアとかコーカサスとかその辺りに思いを馳せて楽しんでいます。


スポンサーサイト

羊とクミン

春になってきましたね。暖かくなってきたとはいえ私は寒さに弱いので、この時期の朝に昨日より一枚少なく着て出ていくのには勇気がいります。


どうも、ジャムです。


中央アジアの味が食べたくなったので、先週ラグマンを作りました。


IMG_0993.jpg


肉野菜汁かけうどんといったところでしょうか。野菜は玉ねぎ、ピーマン、パプリカ、白菜、それにトマトを使いました。肉はもちろん羊。クミンをたっぷり入れて作ります。


麺も手作りです。こねて延ばして渦巻状にするのが作法のようです。


IMG_0989.jpg


流石にきれいに麺の細さまで伸ばすのはなれが必要で、太く不揃いな麺ができましたが、モチモチしてクミンや羊、野菜のスープにとても良く合います。具が余ったので冷凍しておき、後日冷凍うどんで食べてみたのですがやや物足りない感じがしました。手作りの麺も含めてラグマンですね。


閑話休題。


博麗神社例大祭に当選していました。順調に行けば新刊&新譜を頒布できるかと思います。ここ数回の頒布物は秘封モノが続いていたのですが今回は幻想郷モノです。うちのサークルは漫画とCDのセットなのでどちらのジャンルで申し込むかいつも悩みます。


そんなわけでピアノも練習中なのですが、昨日弦が切れました。しかも低音の。低弦はお高い!


IMG_1083.jpg


海ほたるくんと海ほたるちゃん

恵方巻き?知らない子ですね。


どうも、ジャムです。


この土日は大変良い天気でした。お出かけ日よりに相応しく、私も木更津まで出かけてきました。フォロワーさんに車を出してもらいアクアラインで海ほたるに立ち寄りつつ、木更津アウトレットで買い物です。


仕事で通ったことがあるだけでしたので初めての海ほたるでした。と言っても何かすごいものがあるわけでもなく、お土産屋とフードコートが充実しているパーキングエリアなのですが。


しかし海のど真ん中という立地はやはり素晴らしく、晴れていたこともあって良い景色を楽しめました。うっすらと富士山も見えました。


IMG_0789.jpg


雰囲気で補正がかかるのは十分承知なのですが、やはりああいう場所はワクワクしますね。あんまり可愛くない海ほたるのマスコットキャラクターもつい買ってしまいます。


IMG_0799.jpg


左の猫はぴーにゃっつというキャラクターらしいです。こちらはちゃんと可愛いのに海ほたるくんとうみほたるちゃんのやっつけ感がたまりません。まず名前がそのまんまです。何をモチーフにしたキャラかも分かりません。


一応ウミホタルという発光する小型の甲殻類らしいのですが、数ミリの大きさの生き物なので形を把握している方が少ないでしょうし、肝心の形も楕円形でこれといった特徴がありません。キャラクター化するには致命的な気がするのですが、それでもキャラクターになってるということは企画会議でいけると判断されたのでしょう。こういう見ているだけで存続が心配になるキャラクター、嫌いじゃないです。


千葉に上陸してからは地元で取れた魚の美味しい店で昼食。


IMG_0800.jpg


最近美味しい魚に飢えていたのでナイスタイミングでした。そんなこんなでメインの木更津アウトレットにたどり着く前から楽しめたお出かけでした。アウトレットでは洋服の他リビングに敷くラグを驚きの安さで買うことができました。


帰りももちろん海ほたるに立ち寄りあさりラーメンをいただきました。千葉の東京湾沿いはアサリがよくとれるそうです。どこにでもあるサービスエリアの平凡な麺でしたがスープはしっかりアサリの味と香りがして良かったです。サービスエリアに来ると麺類が食べたくなるのは何なのでしょうか。


IMG_0805.jpg


旅行道中のご飯って美味しくないけど美味しいという魅力があるのですが、最近は味自体もレベルが上ってきているように感じます。


ここが2019年の世界か

明けましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。


どうも、ジャムです。


年明けしたのにいきなり去年のことを振り返ってみます。


2018年は引っ越しという個人的には一大イベントがありました。それも無事終えて新しい環境でも快適に過ごしています。


それ以外でも大洗であんこう鍋を食べたりスキーに行ったりTRPGをやったりダム活したりと、振り返ってみれば色々楽しいことができた一年でした。


サークル活動としては、ハマったボードゲーム『クトゥルフ・ウォーズ』をテーマにした漫画とCDを5月の例大祭で頒布しました。


無理しない範囲で充実した一年だったと思います。去年が良い年だったので今年も良い一年にしたいものです。


閑話休題。


大晦日から元日にかけて友人が遊びに来ていました。友人オススメのアニメを鑑賞しながら年を越すという、オタク的には非常に意識の高い年越しの瞬間だったかと思います。そのままの流れで元日には初詣に行ってきました。


IMG_0574.jpg IMG_0579.jpg


1月1日に初詣に行ったのは久しぶりな気もします。おみくじは中吉でした。おみくじといえば大吉や中吉といった運勢の順番がいつもあやふやになります。一般的には大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶>大凶の順番らしいのですが、場合によっては中吉と吉が入れ替わったりすることもあるようです。大吉と凶や大凶以外はそれなり、まあまあ、良くも悪くも普通といったところでしょうか。


初詣後は参道横に並んだ屋台街を物色。いつもワクワクさせられて買おうと思いつつ買わずじまいだったりするのですが、今回は上がったテンションに身を任せにるぎりや友人と一緒に焼きそばやたこ焼き、鶏皮焼き、チョコバナナ、りんご飴、チーズハットグを食べました。


今年も大きな病気や怪我無く、またピアノ活動にも力を入れていきたいと思っています。とりあえず次に作るCDの曲が後一曲できていないのでそれを完成させることが当面の目標です。


太陽の叫び

12月にしてはすごく暖かくなったと思ったら、また寒くなりましたね。人間は言わずもがな、その辺のハトとか体調大丈夫でしょうか。


どうも、ジャムです。


10月終盤から11月中はずっと体調が優れず休日も大人しくしていたので流石に遊びに行きたくなり、気になっていたムンク展を観てきました。


IMG_0408.jpg


生で『叫び』が見られる機会は二度と無いかもしれないので、それだけでも行って損は無いでしょう。しかし、個人的にはそれに加えて『太陽』という絵が来ることの方が驚きでした。


ムンクの『太陽』といえばオスロ大学講堂の壁画のイメージだったので、カンヴァスに油彩で描かれたものがあることを今回初めて知りました。そして壁画の『太陽』はムンクの作品の中で一番のお気に入りだったのです。


そんなわけで『太陽』を見てきたのですが、壁画とは若干構図が違っていて、画面いっぱいに太陽が描かれた壁画よりも引いた構図で、より風景画らしい絵でした。どちらも甲乙付け難く、お気に入りの絵がひとつ増えました。


当たり前のことですが、生で絵を見ると画集などで見るよりも筆のタッチや絵の具の凹凸がはっきりと見て取れます。特にムンクのような画風の作品だとそれが顕著で直に見る楽しみが大きいです。


カンヴァスに乗せられた絵の具の形と実際に描かれているものの形が同調して、まるで立体物や動画のような楽しさがあります。思うに自分は絵を色で見るより絵の具の形と流れで見ているようです。


閑話休題。


上野の美術館に行った後には「みはし」に寄るのも楽しみの一つです。寒い中を歩いて店に入り食べるおぞうには格別です。もちろん甘味もいただきました。


IMG_0414.jpg


IMG_0415.jpg


プロフィール

ジャジャム・ジャム

Author:ジャジャム・ジャム
ニコニコ動画でピアノなんぞ弾いております。

あまとう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ