FC2ブログ
太陽の叫び
12月にしてはすごく暖かくなったと思ったら、また寒くなりましたね。人間は言わずもがな、その辺のハトとか体調大丈夫でしょうか。


どうも、ジャムです。


10月終盤から11月中はずっと体調が優れず休日も大人しくしていたので流石に遊びに行きたくなり、気になっていたムンク展を観てきました。


IMG_0408.jpg


生で『叫び』が見られる機会は二度と無いかもしれないので、それだけでも行って損は無いでしょう。しかし、個人的にはそれに加えて『太陽』という絵が来ることの方が驚きでした。


ムンクの『太陽』といえばオスロ大学講堂の壁画のイメージだったので、カンヴァスに油彩で描かれたものがあることを今回初めて知りました。そして壁画の『太陽』はムンクの作品の中で一番のお気に入りだったのです。


そんなわけで『太陽』を見てきたのですが、壁画とは若干構図が違っていて、画面いっぱいに太陽が描かれた壁画よりも引いた構図で、より風景画らしい絵でした。どちらも甲乙付け難く、お気に入りの絵がひとつ増えました。


当たり前のことですが、生で絵を見ると画集などで見るよりも筆のタッチや絵の具の凹凸がはっきりと見て取れます。特にムンクのような画風の作品だとそれが顕著で直に見る楽しみが大きいです。


カンヴァスに乗せられた絵の具の形と実際に描かれているものの形が同調して、まるで立体物や動画のような楽しさがあります。思うに自分は絵を色で見るより絵の具の形と流れで見ているようです。


閑話休題。


上野の美術館に行った後には「みはし」に寄るのも楽しみの一つです。寒い中を歩いて店に入り食べるおぞうには格別です。もちろん甘味もいただきました。


IMG_0414.jpg


IMG_0415.jpg


スポンサーサイト
【2018/12/06 22:05】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
風邪ひいてる場合じゃねえ
気温も湿度も冬の空気になってきましたね。クリスマスや正月などのイベントに心ときめかせていたのも昔の話で、今は寒さで体調を崩す日々です。


どうも、ジャムです。


ここ数年で特に体が弱くなっていて、昔なら考えられないような些細な冷えで風をひくようになりました。しかも、昔なら一日寝ていれば治ったものが全く治りません。医者も栄養と休養とは言いますが、それでも治るまで一週間以上かかるので、多分諦めるしかないですね。


ただでさえ貴重な休日が風邪で寝ているだけで過ぎることが多くなり、自分はあと何日自由な休日を過ごせるのだろうと考えます。もともと体が強いとは言えないのでそこまで長生きする予定はありません。もう人生の折返し地点を過ぎたかもしれないですね。できるだけ自分の好きなことをやりたいものです。


よく老後の蓄えだとか退職したら好きなことをとか言いますが、それは退職後も健康で丈夫な人の理論です。自分のような人間はやりたいときにやっておかないときっと一生できないままです。やりたいことをやるのも大切ですが、やりたくないことをやらずに済ますことも同じくらい大切だと思います。


そんなわけで最近引っ越しだ何だで慌ただしかったのですが、またイベントに参加してCD頒布したいのでボチボチとアレンジ曲を作り進めています。前回は秘封倶楽部のCDだったので今度は幻想郷モノで考えています。


閑話休題。


ようやくカウチソファが届きました。これでソファに寝そべりくつろげます。


IMG_0372.jpg


自宅に人を呼んでボドゲなどに興じたいと思うので、まずは体調回復に専念したいと思います。
【2018/11/24 10:09】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
カウチを待ちながら
秋も深まりハロウィンどころかもうクリスマスグッズも見かける街になりましたね。


どうも、ジャムです。


前回の記事で引っ越しに触れましたが、無事引っ越し終えました。とりあえず片付けも一段落したのですが、気に入ったカウチソファが在庫切れで11月にならないと届かないのでまだまだ仮といった感が残っています。


閑話休題。


引っ越しと合わせて携帯電話も機種変更しました。これで外出中にバッテリーを気にしなくてもよい生活が送れます。また新しい携帯電話になったことを機に第五人格というゲームを始めました。


簡単に言えば鬼ごっこゲームです。使用できるキャラクターごとに特性があるらしいのですが今のところ庭師が気に入っています。というよりそれしか使ったことがありません。


アプリゲームでも昔の据え置き機以上のクオリティのゲームができてしまう現代に軽い恐怖すら覚えますね。
【2018/10/17 20:12】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ジャムの国、遷都
ようやく過ごしやすい気温になってきましたね。朝はやや肌寒い気もします。八百屋のフルーツも活きの良いブドウが主流になってきました。


どうも、ジャムです。


この連休でついに引っ越しました。流石に狭くなったと感じてはいましたが、いろいろな手続が億劫で先延ばしにしていました。いざ引っ越すと自分の物の多さにびっくりしました。


引っ越す前に断捨離できればよかったのですが、とりあえず全部まとめて移動させて新居で片付けしながら減らすことにしました。と言っても劇的に減らせはしませんでした。まあ、やらないよりはいいですよね。


というわけでまだまだ片付いてはいません。机や椅子といった家具もまだ全て揃ってはいません。ぼちぼち進めていきます。


閑話休題。


引っ越し直前に新しいボードゲームを買いました。結局引っ越しのバタバタでまだルールブックも全部読めてはいませんが落ち着いたらプレイしたいです。新しい部屋は収納も多いのできちんと片付けできそうです。

IMG_0795.jpg

【2018/09/17 12:49】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
駄菓子屋の記憶
明日から夏休みが終わり学校が始まるという方も多いでしょうか。やや涼しくなったと思ったらこの週末再びの猛暑で外に出る気力もありません。


どうも、ジャムです。


夏休みといえば終盤になるとやることもなくなり退屈だったなんてことも多かったのですが、たかだか1ヶ月半の期間がなぜあれだけ長く感じたのでしょうか。逆に言えばなぜ今はこんなにも時の流れを速く感じるのでしょうか。


映画や漫画では夏休みといえば山に囲まれた田舎、蝉の声、強い日差しを浴びた眩しい緑と青い空に入道雲といったビジュアルが思い浮かびますが、実際に子どもの頃そんな景色の中で夏を過ごしていたのかと言われればあまりそんな記憶はありません。人々の理想の集合体でしょうか。


大人になり夏休みが無くなったとしても、せっかくの夏なので子どもの頃の気持ちを蘇らせてみるのも一興です。


小学生の頃の大好きだった空間といえば色々ありますが駄菓子屋などは私も大好きでした。入り浸りという程ではありませんでしたが、お菓子は誰でも好きなもの。そんなものが所狭しと並んだ空間は子ども心にとても魅力的な空間でした。


駄菓子屋のお菓子といえばくじや当たり付きのものが外せません。子どもでも「実は当たりは入ってないんじゃないか」と考えるものですが、そんな時に友達や隣のクラスのあいつが当たりを引いたなんて話が流れてくるもので、運良く当たりを引いたらちょっとしたヒーローになれました。


そんな当たり付き菓子の中で特にノスタルジックなものはカラフルな丸いガムです。パチンコやピンボールのような紙箱の横にボタンが付いていて、そのボタンを押せば一粒転がり出るガムです。ガムの色によって50円や100円分のお菓子と交換できる福引のようなガムです。当たりに何種類かあるのがより期待感を膨らませてくれました。


結局当たりのガムを出した記憶はありません。子どもの小遣いでは当たりが出るまで買い続けるなんてことはできませんでしたし、仮にそれだけのお金があれば別の欲しいお菓子を買っていたでしょう。ですが当たりを出したという体験はプライスレスです。どうしても体験してみたいものです。


幸いなことに私はもう大人です。夏休みを失った代わりに財力を手に入れました。やることは一つです。


IMG_0747.jpg


箱ごと買えば絶対に当たりが引けるという寸法です。


IMG_0749.jpg IMG_0750.jpg IMG_0752.jpg


大人になった今でもワクワクさせられるデザインですね。


IMG_0751.jpg


当たりのガムで渡される景品の値段分だけ余分にガムが入っているそうです。その分確率下がってるじゃないですか!しかし今となっては確率なんて関係ありません。


IMG_0756.jpg IMG_0757.jpg


当たりのガムは確実にこの中に入っているのですから。約束された勝利のガムです。


IMG_0759.jpg IMG_0753.jpg

一度箱を底から開けてガムを取り出し上から詰め直す方式だったんですね。前述の通り余分にガムが入ってるせいで箱の上には全部入りきりません。このへんの適当さも時代を感じて良いですね。

【2018/08/26 15:17】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
|ホーム| 次ページ≫