にんげんっていいな

去年取得したカッパ捕獲許可証の有効期限が切れていたことに気付いてしまいました。


画像 001



どうも、ジャムです。


スーツを着ていればお酒でもタバコでも年齢確認なしのフリーパスで買えてしまうのですね。服飾の持つ力をしみじみと感じました。以前お酒を買おうとして年齢確認のできるものの提示を求められ思わず謝ってしまったのが良い思い出です。謝ったがために逆に怪しまれてしまうという悪循環。


ちなみにタバコはパッケージのデザイン目的で買っているのですが、実際銘柄によってパッケージ程の味の違いはあるものなのでしょうか。タバコは吸わないし吸えないので分かりません。きっとコカコーラとペプシコーラ、ポカリスエットとアクエリアスくらいの違いはあるものなのでしょう。


閑話休題。


部屋を片付けようとしても全く片付かないのですが、最近になってそもそもモノをしまうだけの空間が無いことに気付いてしまいました。我ながら本当にいらないものがたくさんある


ワンルーム物件なことに加えて部屋にはピアノが鎮座していることも原因なのでしょうが、捨てず、集め、欲しがる私の性分こそが最大の元凶でしょう。


しかし楽器が弾ける物件自体そう多くは無く引っ越すだけの資金も無いので当面は現状が続くかと思われます。それに毎回部屋を片付けるとモノが無くなるのです。加えてごちゃっとした部屋の方が落ち着くような気がしないでもないのですよ。


そんな風に私自慢の保有スキル「自己肯定」を最大限発揮してはみたものの、そろそろピアノの弦をなんとかせねばならないことを考えるとやはり一度本腰を入れて片付けなければならないのです。今の状態だと調律師さんを呼べませんからね。


閑話休題。


まんが日本昔ばなしのDVD-BOXが発売されているそうですね。かなりそそられる商品ですが、流石にBOXコンプリートするだけの財力は持ち合わせていないので収録されている話の内容によって購入するかしないかを決めることになるでしょう。


個人的には「吉作落とし」「姥清水」「火ともし山」「雪むかし」「夜中のおとむらい」「深んぼのすげがさ」「安珍清姫」「飯降山」「お蚕さま」「十六人谷」「山鳥の尾」辺りが収録されてもらえるとくるい もだえます。喜びで。トラウマ話が多く感じるのは気のせいです。


部屋の片づけの話題を出したかと思ったらまたモノを増やすことを考えている自分が怖い。

スポンサーサイト

牛乳にヨーグルトを入れておくとヨーグルトになりますか?

やること、やらなくていいこと、やりたいことが沢山あって逆に暇に感じてしまうという不思議。この世界はまだまだ不思議に満ち溢れています。


どうも、ジャムです。


ピアノを弾くか、だらだらするか、ゲームをするか、だらだらするか、DVDを見るか、だらだらするか、サイクリングするか、だらだらするか、本を読むか、だらだらするか、どこかに遊びに行くか、だらだらするか。どれも平日には本腰を入れられない辺り、私もまだまだ時間の使い方が下手ですね。このあたりを完璧にマスターした時に時間を操る程度の能力が身につくのでしょう。


とりあえず午前中は洗濯したりCD買いに行ったりしていました。そして今DVD鑑賞終了しました。


今回見たのは映画「クロスロード」です。題名から分かる通りブルースの神様、ロバート・ジョンソンのクロスロード伝説をモチーフとした1986年公開の映画です。


十字路でギターの腕と引き換えに悪魔に魂を売り渡すという話ですね。ブルースを知らなくてもこの話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。


閑話休題。


クラシックの世界でもパガニーニが同じように悪魔に魂を売り渡し、その演奏技術を手に入れたという話がありますね。


閑話休題。


私はギターについては全然明るくないし、ブルースについても全くの無知ですがクロスロード伝説については聞いたことがあり、たまたま職場で色々と膨大な情報量をお持ちの方とそんな話になってDVDを借りてきたというわけです。


ストーリーについては触れませんが何か楽器をやっている方が見ると楽しめるのではないでしょうか。特にハーモニカやギターの方。中盤の居酒屋での演奏シーンのハーモニカやラストのギターセッションバトルはその楽器をやっていない方でも楽しめるのではないでしょうか。


ギタリスト役で変態ギタリスト(称賛)として名高いスティーヴ・ヴァイが出演しています。物語上損な役回りではありますが…。


そして見終わった後の感想は、やはり持ち運びできる楽器は格好良いなあということ。まあ私は器用な人間ではないので浮気はしないでおきます。


閑話休題。


実は悪魔と呼ばれる存在はかなり良いヤツだと思います。ちゃんとその人が望むものを与えてくれますし、そのための対価も事前に教えてくれます。


大抵の場合魂とかそういった類のもので、その性質上料金後払い制になってしまうため、いざ支払う段階で契約を踏み倒そうとする人間の方がよっぽどヤクザなヤツだなと感じます。


というより魂ってそんなに美味しいのでしょうか。食べたこと無いから分かりませんね。甘くてクリーミィで特別な存在だと感じることができる味なのでしょうか。そもそも食べ物?


閑話休題。


今日午前中に買い物に行ったせいか久しぶりにヨーグルトを売っている光景を目にしました。ブルガリアヨーグルトです。カレーに使ったり朝ごはんに食べたりと大活躍ですからね。


東方新作

東方の新作「東方神霊廟」のBGMが先行公開されたようです。





新作が楽しみですね。

















































嘘です。今私は嘘をつきました。た人さんがアレンジ、ありおとさんがイラストを手掛けてくれました。お二方とも本当にありがとうございました。


もちろん新作が楽しみなのは嘘ではありませんよ。

ベッテルが速すぎる

4月に入り一週間が過ぎました。私は特に大きな変化はありませんが、新しい生活が始まった方も多いのではないでしょうか。


どうも、ジャムです。


この時期は街中や電車で真新しいスーツ姿や制服姿をよく目にします。皆さん輝いてます。素敵です。


閑話休題。


職場で残業前にレッドブルを飲んでる人を見かけ「平日に飲むなんて!」と心の中で驚きの声をあげてしまいました。私にとってあれは休日に飲むものなのですよ。若しくは動画を撮る前にもよく飲みます。理由は美味しいから。元気が出るのかどうかは知りません。


そもそもレッドブルを知ったきっかけはF1でした。飲むようになったのもそこからです。F1に限らずスポーツの持つイメージは絶大な宣伝効果があるものですね。似たようなものが複数あれば少しでも自分が知っているもの、縁のあるものを選んでしまうものですからね。


しかしレッドブルは何故あんなに高額なのでしょうか。確かにビンに入っている他の栄養ドリンクよりもたくさん入ってはいますが。


海外メーカーだからかとも思っていましたがヨーロッパでもやはり高かったですね。これがブランドというものなのでしょうか。


ちなみにキャッチコピーの「翼を授ける。」から「背中の羽を1本 ちょうだい」「嫌だよ!」を連想してしまいました。特に意味はありませんが。


閑話休題。


気がつけばゴールデンウィークまで一カ月を切っていました。まだ何の準備もしていません。宿はともかく交通機関の予約だけでもしておかなければ旅行できませんからね。旅行は楽しいのですがこの予約という作業が煩わしくてなりません。


本当なら思い立ったときにふらっと出かけて気がすんだらふらっと帰る。そんな旅行が理想なのですが、残念ながらそれができるほどの時間もお金も持ち合わせておらぬ故、行きもしていないのに帰る日のことまで決めておかねばならないのです。


しかし、その煩わしさも見知らぬ土地への好奇心に比べれば些細なものです。とりあえず深夜バスの空席状況を調べてみます。

羊の肉が好き

日本人のインドとヨガに対する誤ったイメージの八割程はダルシムのせいだと思います。


どうも、ジャムです。


何の前触れもなくオーパーツの話題に入ります。オーパーツとは場所や時代にそぐわない物のことで、超古代文明などムー的な妄想を甚く刺激してくれるもので私は大好きです。ただ実際に現存する物の多くはねつ造品らしいですがそれでも私は大好きです。


毎年年末頃にUFOや超常現象に関する口喧嘩番組もありますが私にとっては事の真偽は二の次で、いかに好奇心を刺激してくれるか、楽しめるかが重要なのです。


そんなオーパーツの中で私が最も好きなものはヴォイニッチ手稿もしくはヴォイニッチ写本と呼ばれるものです。


ヴォイニッチ8 ヴォイニッチ5 astro.jpg


とても有名なオーパーツの一つですね。未だに解読できない文字と様々な空想上の?植物や天文図のようなものなどの挿絵が描かれた古文書です。これもやはり中身は特に意味が無く当時の人によるでっちあげだという説もありますが、いずれにせよとてもセンスあふれる良い物品だと思います。


ちなみにこのヴォイニッチ手稿はクトゥルー神話系にも登場していますね。真偽を抜きに様々な人の妄想を刺激し続ける魅力が確かにあります。


閑話休題。


オーパーツでは全く無いのですが、ケルズの書という書物も大好きです。こちらはれっきとした聖書の写本でアイルランドの国宝にもなっています。


450px-KellsFol292rIncipJohn.jpg 440px-Meister_des_Book_of_Kells_001.jpg


文字と装飾が一体となったとても綺麗な本です。ここまで来るとこれも魔導書の類に見えてきます。ちなみにバーナード・ミーハン著、鶴岡真弓訳 『ケルズの書』という本はたくさんのカラー写真に解説がついたケルズの書の解説本でかなりおススメです。


個人的にはヴォイニッチ手稿のレプリカ若しくは写真集が発売されることを強く望んでおります。


閑話休題。


巷でもそろそろ自粛ムードばかりでもいけないなという空気が感じられてきましたが、私もたまには豪勢にいってみようということで、今日の夕食はラムチョップのホウレンソウカレーを作りました。


IMG_7275.jpg IMG_5977.jpg IMG_4089.jpg


本当はマトンが良かったのですが近所に売っていなかったのでラムチョップを選択しました。いつもなら鶏肉で作るのですが今回のテーマは『豪勢』なのでラムチョップです。カレーを作る時は一度に4、5人分作るのですが、流石ラムチョップだけあって肉だけで二千円を超えました。羊ってなんであんなに高いのでしょうか。


米もインディカ米を使い、クローブ、シナモン、ターメリック、黒コショウ、スライスアーモンドと一緒に炊き上げました。


そういえば最近ホウレンソウもちょっと話題になっていましたね。とっても美味しかったです。とりあえず明日の夕食もホウレンソウカレーです。

プロフィール

ジャジャム・ジャム

Author:ジャジャム・ジャム
ニコニコ動画でピアノなんぞ弾いております。

あまとう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ