倶楽部活動記録

最近少しずつ日が長くなってきましたね。まだまだ寒い日が続きますが、段々と春に近付いていますね。


どうも、ジャムです。


昨日、2013年初の秘封倶楽部活動に行ってきました。現代における心霊スポットの定番である所のトンネル。そんなトンネルの中でも東京に存在し、尚且つロケーションも心霊たちのビバリーヒルズ的な物件をチョイスしました。


旧小峰トンネルと旧吹上トンネルです。


トンネルと言えば去年の倶楽部活動で千駄ヶ谷トンネルに行ったのですが、いかんせん都心に近く周辺も住宅地のために交通量が多く、生活感さえも感じられるトンネルでした。そこで今回は、既に現役を退いたトンネルにスポットを当てて、あわよくば巷で噂されている心霊現象の一つや二つをこの身で体験できればという想いを胸に目的地へと向かったのでした。


現地到着は22時を予定。それまでの日中は部長宅でサイレンや零などのホラーゲームをプレイして零に対する感応力を高めるトレーニングを行いました。抜かりなしです。


そんなこんなで22時過ぎ、交通量も減ったところで現地に到着。と言っても目的のトンネルは旧道にあるため近くに車を停めて、徒歩にて向かいます。満月の月明かりに照らされて古ぼけたアスファルトや周りの木々の影がぼんやりと浮かび上がっていました。


小峰トンネル・吹上トンネル 006


外灯も無く冷えた真冬の空気と相まって凍りついたかのような静けさです。やはり秘封倶楽部はこうでなくては!とメンバーの士気も自ずと上がった矢先に早くも心霊現象が!


現地で合流するはずだった部員の一人がねむみの霊にとり憑かれてしまい家を出ることすらかなわなくなってしまったのです。彼の確認できた最後のツイートは「スヤァ…」でしたとさ。


気を取り直してトンネルへと向かいます。


小峰トンネル・吹上トンネル 010 小峰トンネル・吹上トンネル 011



山道は元車道でアスファルト舗装されているため歩きにくさは感じなかったのですが、やはり山影となり日光が届かない場所があるのでしょうか、所々に雪が残り路面を覆っていました。


しばらく山道を歩いているとついに見えてきました。旧小峰トンネルです。


小峰トンネル・吹上トンネル 015


真っ暗な闇の中に白っぽい灯りだけが浮かび上がっていて何とも良い雰囲気です。旧と言うだけあって長さも短く幅も狭いトンネルです。


小峰トンネル・吹上トンネル 017 小峰トンネル・吹上トンネル 023 小峰トンネル・吹上トンネル 026
 

残念なことに私は霊感というものが皆無なので霊的なものは何も体験できなかったのですが、このオカルティック非日常空間の空気は存分に満喫できました。


小峰トンネル・吹上トンネル 029


トンネルよりもその前後に続く旧道の方が恐怖感がありましたね。


そんなこんなで第一の目的地である旧小峰トンネルは無事に踏破できました。次に目指すのは旧吹上トンネルです。


小峰トンネルから車で40分程でしたでしょうか。無事に吹上トンネルに到着。旧小峰トンネルと同様に近くに車を停め徒歩で向かいます。


しかしこちらは特に山道を歩いて行くということもなく、旧道に入ればすぐにトンネルが現れました。旧小峰トンネルと比べて赤みがかったライトの灯りが印象的でした。


小峰トンネル・吹上トンネル 045


こちらのトンネルは割と最近まで現役だったらしく、長さも幅も旧小峰トンネルと比べて長く広いものでした。


小峰トンネル・吹上トンネル 049 


このトンネルを歩いていた時は気温もめっきり下がり、霊的な寒さよりも物理的な寒さの方が上回っていました。どうやらマイナス3度だったようです。九州は熊出身のわたくしの体は寒冷地仕様にはできていません。トンネルの上部から沁み出た水が氷柱になっていました。


小峰トンネル・吹上トンネル 060 小峰トンネル・吹上トンネル 067



トンネルの出入り口にできた氷柱など、まさにダンジョンの入り口といった様相です。足元には落下した氷柱も転がっており、こちらも霊的な恐怖よりも物理的な恐怖を感じていました。


旧小峰トンネルよりも道路や民家に近く旧道に入ってすぐなのでアクセスは楽ですが、赤みがかったライトの光は中々に不安感を煽ってくれます。


旧吹上トンネルを踏破したころには部員全員が寒さを訴えるようになっていました。無事に二つのトンネルを踏破した後は閉店間際のファミレスで軽く休憩をとり帰宅の途についたのでした。


ちなみにトンネルでわたくしが魔術師にジョブチェンジしたりしなかったりしたのですがそれはまた別のお話。


閑話休題。


パワースポットを訪れて良いエネルギーをもらうという話を聞いたことがあります。そこで得たエネルギーにより運気を上げたりするのだとか。


霊感が毛ほども無いわたくしですが、パワースポットの話のように心霊スポットを訪れ続ければ霊的なエネルギーが充填されて、そのうちオカルティな力に目覚めたりするのでしょうか。わたくしはそれを期待しつつ、次回の倶楽部活動を楽しみに待っているのでした。


スポンサーサイト

そうだ、台湾いこう

成人の日だそうですね。あと受験シーズン本番ですね。


どうも、ジャムです。


実は1月8日から12日まで台湾に行っていました。仕事で。遊びなら良かったんですけどね。最近は国内よりも台湾や韓国あたりの方が早く、安く行けるのですね。


私にとっては初の台湾でした。亜熱帯気候で今の時期でも最低気温が12度とかそれくらいでした。ただ、ずっと曇り小雨でした。今の時期は毎年そうらしいのです。


台湾 009
台北駅


さて、知らない土地に行ったら知らない食べ物がたくさんあるわけで、台湾で初めて口にしたのは鴨の足でした。


台湾 017
鴨の足


その他にも鰻のおこわ、豚のスジの煮込み、蒸したウニ、豚の血ともち米を混ぜて蒸した?もの、何かの揚げ物、鴨の血を固めたプルプルした何か、カエルのお粥、何かをどうかしたもの、色々と食べました。そしてそのどれもが美味しかったのです。


また、屋台街にも行ってみました。


台湾 024 台湾 020


ごちゃごちゃしていて油や香辛料のにおい、活気と喧噪に溢れていました。


また台湾の方々と飲む機会があったのですが、台湾の乾杯は文字通り杯を乾かす、つまり飲み干さなくてはならないらしいのです。


日本の場合最初に乾杯すればあとは各々勝手に飲むのですが、台湾は飲むイコール乾杯で、注いだら必ず飲み干します。なのでグラスに半分若しくは少しだけ酒が残っているなんて状態はあり得ません。オールオアナッシングです。


さらに宴会の席で一人だけで飲むことも無く、飲む時は必ず他の誰かを誘ってお互いに乾杯します。なので宴会のいたる所で何度も乾杯が行われます。各々のペースで飲むということはやりづらいですね。


また、酒を飲みながら同時に料理もがっつり食べます。炭水化物でもお構いなしです。


それと、目上の人に酒を注ぐという習慣は無かったです。グラスはオールオアナッシング、飲む際は必ず誰かと乾杯という特性上、上司のグラスが少なくなれば注ぐなんてことは起こらないのです。皆自分で注ぎます。


閑話休題。


仕事だったので観光は殆どできませんでしたが、最終日に故宮博物院に立ち寄ることができました。


世界一有名な白菜、『翠玉白菜』が展示されています。やはり訪れる人の目当てはこれで、展示スペースは常に人だかりです。


ただ、私は開館前から待機して開館と同時に先ずそのスペースへ向かったのでゆっくりと観賞できました。最後に再び見に行ったのですが、スペースに入場制限がかけられるほどの人の多さでした。


自分おみやげにレプリカを買っちゃいました。


台湾 002


箸置きやらキーホルダーやら色んな種類とサイズの白菜みやげがあったのですが、せっかくだから赤の原寸大で一番いいのを頼みました。


雑巾がけを甘く見てると死ぬよ

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。


どうも、ジャムです。


お正月は愛媛県八幡浜市で過ごしておりました。出身は熊本ですが、現在両親がいるのは八幡浜なのでこちらに帰省です。


馴染みのない土地ではありますが、その分旅行感覚を楽しめます。特に四国は交通的な意味で中々訪れるのが大変な部類に入りますので、むしろ帰省を良い機会として周辺の見所に立ち寄ってみるつもりです。


そんなわけで昨日、八幡浜市の隣の西予市にある宇和町卯之町という所へ足を運んでみました。この町は歴史的建造物の保存地区となっており、江戸からの建物や街並みが残っております。


先ず訪れたのが米博物館。大正から昭和にかけて建てられた小学校の校舎を再利用した施設です。


八幡浜 066


当時の教室には米の品種や農具についての展示品が並んでいます。特に古い農機具は幻想郷でも似たようなものが使われているのかと思うと一層楽しめます。


また、展示品だけでなく建物そのものを見ても十分楽しめます。懐かしい雰囲気を持つ校舎です。


八幡浜 078 八幡浜 108


さて、この米博物館には名物の長い廊下があります。その長さ109メートル。


八幡浜 152


この長い廊下を使って雑巾がけを体験できます。小学生の頃が懐かしいですね。さらに毎年この雑巾がけのタイムを競うZ-1グランプリなるものが開催されているそうです。グランプリ開催時期ではなかったのですが、タイム計測はしてもらえました。


八幡浜 001


芸能人もテレビの企画で挑戦しているようでした。


たかが109メートルなんて大したことないって。大丈夫だ、問題ない。この雑巾がけが終わったら…今度こそ…。などと軽く見ていました。


たかが雑巾がけとナメていましたが、想像以上に辛かったです。両手を床につく前傾姿勢のままで進むため両腕に負担がかかりますし、その体勢から普段以上に太ももを動かさなければなりません。特に後半はももが上がらなくなりペースも大幅に落ちました。


皆さまもここに立ち寄られた際はぜひチャレンジしてみることをおススメします。ただ、雑巾がけをする前にきちんと準備運動をした方がタイムは上がると思います。私はノーガードで突っ込みました。また、直前の飲食は控えた方が賢明です。激しい運動と前傾姿勢という体勢からリバースする恐れが高いです。事実、注意書きにも書いてありました。


普段の運動不足がたたりぼろ雑巾状態になりましたが、そのまま街並み観光へと続きます。歴史を感じさせる建物が立ち並んでいます。特にヤマミ醤油という店は良かったです。


八幡浜 171 八幡浜 169 八幡浜 165



醤油や味噌、こうじ、あま酒を取り扱っているお店です。あま酒は店内で飲むこともできます。砂糖を使わず、こうじのみで生み出された甘さはしつこくなく優しく疲れを癒してくれました。


その後卯之町の見どころNo.1という民具館へと立ち寄りました。古い民具から昭和のレトロな日用品まで数多くの展示品があります。ただこちらは館内撮影禁止だったため写真は無しです。


新年早々ということもあってか、どこも人が少なくゆっくりと見て回ることができました。


町自体は小さなもので半日あれば大体見て回れる程度ですが、全国的な知名度が無くそれ程観光地化していないのが良かったです。四国は大都市と言うほどの都市が少なく自然もたくさん残っており、掘り出し物的なスポットがたくさん存在しているのかもしれません。帰省先が四国になっているうちにいろんな場所を訪れておきたいですね。


プロフィール

ジャジャム・ジャム

Author:ジャジャム・ジャム
ニコニコ動画でピアノなんぞ弾いております。

あまとう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ