ハロウィンのお菓子はどこへ行った
2014/11/03(Mon)
ハロウィンが終わると間髪入れずにクリスマスグッズが並び始める街並みの勤勉さというか、フットワークの軽さには毎度のことながら感心させられます。


どうも、ジャムです。


この連休中、ハロウィンで売れ残ったお菓子が安くなっているだろうという考えで街を歩いてみましたが、上記のとおりで安くなっているお菓子は見つけられませんでした。確かに11月は七五三くらいしかイベントが無いので、もうクリスマス商品を売り出すのでしょうね。


お菓子もクリスマスパック的なものに詰まったものが並んでいました。クリスマスケーキの予約も始まり私も今年のクリスマス自分プレゼントは何にしようか考えさせられます。


閑話休題。


今年のF1はメルセデス無双でチーム同士のバトルという意味での面白さは無かったのですが、ここに来てベッテルのフェラーリ移籍やそれに伴うアロンソのフェラーリ離脱が報じられて別の意味で気になりだしました。


個人的にはラテン系の国出身のアロンソは赤い色が似合っていたと思うのでちょっと残念です。逆にベッテルはあんまり赤色が似合わないんじゃないかなとは思うのですが、パフォーマンスが良ければ不思議と似合って見えるようになるものですから期待しています。


アロンソは現役ドライバー最強と言われる程の存在ですが、トップチームで勝ち続けるよりも、勝てそうで勝てない2番手3番手チームで劣勢を個人の力で跳ね返す的な状況の方が、その実力が際立って輝いて見える気がします。そういう意味ではここ数年のフェラーリとアロンソは見ていて面白かったですね。


来年はエンジンのみですがホンダが復活、マクラーレン・ホンダというアイルトン・セナが走っていた時代の懐かしい響きがまた聞けるのが楽しみです。休養説も出ていますがアロンソがマクラーレン入りするという噂も有りますので目が離せません。


ただ来年もまだメルセデスやメルセデスエンジンを乗せたチームが強そうではあります。ホンダも来シーズン結果が出なかったからといってすぐに撤退することはせずに息長く頑張ってほしいものです。


ウィリアムズもメルセデスエンジンを積んでから調子が上がっていますし、セナ対マンセルで盛り上がったシーズンのようなマクラーレン対ウィリアムズの対決もじきに見られるかもしれません。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |