ゴジラ
2015/01/25(Sun)
ハリボのグミが好きです。クマのグミです。あれをクマだと言いはる度胸が欲しいです。


どうも、ジャムです。


ハリボは好きなのですが、今まで二度も歯の詰め物を持って行かれています。それでも好きです。


それはさておき、先週のことですがゴジラ音楽祭に行ってきました。東京フィルハーモニー交響楽団による演奏のSF交響ファンタジーと、ゴジラ一作目の主演、宝田明さんのトークショーなどが繰り広げられました。


IMG_0631.jpg



そして肝は、一作目のゴジラ全編をスクリーンで上映しながら、BGMだけはオーケストラによる生演奏というオペラのような豪華さのプログラムでした。臨場感が半端ではなく、音が変わるだけでこれだけ映像の説得力も違って見えるのかと実感しました。


ゴジラはやっぱり第一作目が一番好きです。怪獣映画、娯楽映画の枠に収まらない作品です。終戦からまだ10年経つか経たないかという時代、第五福竜丸の被曝事件という当時の社会問題もあり、リアルタイムで見た人達はホラーといえる程の恐怖を味わったのではないでしょうか。


その後怪獣そのものの人気が高まり時代に合わせてゴジラも怪獣対決映画に変化していきました。それも好きではあるのですがやっぱり初代のゴジラの人類に対する純粋な脅威であるとともに、人間が生み出してしまったものが人間を滅ぼしてしまうのではないかという問題提起こそがゴジラの魂だと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あけました
2015/01/04(Sun)
あけましておめでとうございます。


どうも、ジャムです。


今年もよろしくお願い致します。


ついに2015年になりましたね。2015年といえばデロリアンが空を飛んだり、使徒が襲来したりする年ですね。


なんだかんだでこのブログを初めて4年だか5年だかになりますが、仕事が忙しくなってくるのと合わせて自らの老いを感じています。


肉体的なことはもちろん精神的なもの、特に感性について、以前に比べて衰えてはいないだろうかと考えるようになってきました。


体力と違い感性は意識次第で若く保つことができるとは言いますが、体力に余裕がなければフットワークも鈍り、様々なことが億劫になり結果として色々な刺激をスルーしてしまいがちになってしまいます。マンガやゲームも昔と比べれば随分疎遠になってしまっています。


というわけで、昨年末にPS3で発売されたゴジラのゲームに手を出してみました。自らがゴジラとなって街を破壊していくだけのゲームです。グラフィックはあくまでも「特撮」としてのリアルさを意識した作りになっています。さらに、今月NHKホールで行われるゴジラ音楽祭にも行ってみる予定です。


そんなわけで、自分の中で2015年はゴジラブームから幕を開けましたが、ピアノの方でも新しいことに今までやったことがないことに挑戦してみる予定です。


面倒くさがり屋を自負する私ですが、過ぎた惰性は感性を急激に衰えさせることにつながるので、若さを保ちつつ怠けられるポイントを見極められるようになりたいものです。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |