肉のパイにされてしまったのです
2015/10/25(Sun)
久しぶりのお休みです。もう10月も残すところあと一週間ですね。


どうも、ジャムです。


定期的な休日に仕事が入ってしまうと曜日感覚とともに時間間隔も狂ってしまいますね。まだ10月に入って一週間くらいかと思っていました。


久しぶりの休日ということでピーターラビットカフェというやつに行ってみました。


IMG_2665.jpg


日本ではウサギは主に愛玩動物として認知されていますが、イギリスや他のヨーロッパ諸国では食肉としても広く流通しているようですし、実際ピーターラビットのお父さんも肉のパイにされたという描写もあるのですが、水族館を楽しんだ後に寿司を食べるような感覚なのでしょうか。


日本人は魚を食べる文化が発達していますし、水族館に行くとお腹が空くという人が一定数いるようです。私もその一人で水槽を眺めながら、あれは美味そうだとか、唐揚げにすると良いんじゃないかとか考えてしまいます。


同じように英国人もピーターラビットのお話を楽しみつつもこの子美味しそうだなとか、パイもいいけどソテーも良さそうだとか考えているのでしょうか。


そういえば私は熊本出身で熊本といえば馬刺しが有名なので馬を食べるということに抵抗は微塵も無いのですが、逆に英国人にとって馬は人間の大切なパートナーなので馬を食べる行為はとてつもなく野蛮で恐怖を感じさせる行為なんだとか。


私は宗教上食べられない物があるというわけでもないので、食べたことがないものは何でも食べてみたいと思いますし、今までもカエルや犬など日本の日常で食べる機会が少ないものを食べるチャンスがあれば積極的に食べてます。それはそれこれはこれの精神で何でも楽しんでいきたいです。もし時間とお金が許すのであれば猟銃免許を取得して自分で狩った動物の肉を食べてみたいとは思っています。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |