FC2ブログ
トルコ味
2018/01/28(Sun)
1月に入り寒さが本格化してきました。月曜日に降った雪がまだ溶けていません。


どうも、ジャムです。


金曜日にモンハンワールドが発売されましたね。というわけでジャムの国にもようやくPS4が導入されました。


IMG_7438.jpg


ついに最新ゲームデビューだと思ったのですが、すでに発売から4、5年経過していたのですね。


そんなわけでモンハンワールドを買ったのですが、携帯ゲーム機と違い家庭内で複数プレイヤーがいる場合同時プレイできないんですね。流石に本体もソフトも二つずつ買うわけにはいかないので、しばらくは嫁のにるぎりがプレイしそうです。私はキャラメイクだけ済ませました。


閑話休題。


昨日ガルパン最終章を観に行きました。相変わらず話の本筋は単純明快で取り付きやすく、その中で繰り広げられる掛け合いや元ネタ小ネタが心地良いという作品でした。話の理解にストレスが無く、小ネタを知らなくてもマイナスにはならないという辺りが人気の秘訣でしょうか。


劇中とあるキャラクターの「人との関わりと同じくらい、孤独も大切なこと」という内容のセリフが心に響きました。同意しかありません。


上映時間は45分程度で、せっかく街に繰り出してそのまま帰るのも勿体なかったので近所には無いトルコ料理屋に行きました。


IMG_7444.jpg


肉がやらかい!


IMG_7445.jpg IMG_7446.jpg IMG_7447.jpg
IMG_7448.jpg IMG_7449.jpg IMG_7450.jpg


最近では屋台やファーストフードでもおなじみのケバブですが、鶏、牛、マトンと種類も豊富で特にトマトソースとヨーグルトをかけたイスカンダルケバブが美味しかったです。


全体的にインドや中央アジアと比べてスパイスは控えめ、地中海沿岸ほど素材の味重視でシンプルというわけでもなく、素材の味を活かしつつヨーグルトの酸味で味付けしたという料理でした。味付けが地理的条件とリンクするのが面白いですね。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年もよろしくおねがいします
2018/01/06(Sat)
今年もよろしくお願いします。


どうも、ジャムです。


年末年始は私が敬愛するサークル『アトリエYUMEnoZUKA』のなをさんをお招きして、嫁のにるぎりと三人でボードゲームに興じていました。


IMG_7352.jpg IMG_7361.jpg


いつもの枯山水に始まり、『キャッチ・ザ・ムーン』、『クトゥルフ・ウォーズ』をプレイ。いつもにるぎりと二人で遊んでいたので、三人で遊ぶのは新鮮でした。やはりプレイヤーが増えるとゲーム展開も複雑になり楽しいものです。


友人の少ない人生を歩んでいたので、このように誰かと遊ぶこと自体が稀なのですが、正月休みに友人同士で集まって何かするということが実は人生初体験でした。


ボードゲームはルールの確認やプレイ上での交渉など、自然とコミュニケーションが発生するので会話が苦手だけど誰かと楽しみたいという方にはオススメです。また、個人的にはカードやコマなど手に触れられる物を実際に手で動かすことそのものにも喜びを感じます。


閑話休題。


去年はサークル『音の瓶詰』としては5月の例大祭にコピー本と手焼きCDを頒布したのみ、その他も夏コミで東方ピアノ合同に1曲参加させて頂いただけで、創作活動が活発とは言い難い一年でした。


今年は多少は活発な活動にしたいなと思いつつ、それが重荷になるようでも本末転倒なので良いバランスを見極めていきたいです。


好きでやるということはどういうことなのか、よく考えます。単純に考えれば、やっていて楽しいことなのでしょうが、その他にもやらずにはいられないことだったり、やらないと逆にストレスになるようなことがあるのかもしれません。


いずれも「好き」ということの形のひとつだとは思うのですが、自分の場合ピアノやサークル活動は「好き」といえるのか常に自問しています。


やっていて楽しいのは間違いないのですが、創作や演奏は決して楽しいばかりではありません。地味で面倒くさいことが多いです。果たして自分にとってピアノや創作活動は、やらずにはいられなかったり、やらないとストレスになるようなことなのか。やらなければそれはそれでうまく適応しつつ生きていける気もします。


自分にとって「本当」に好きなことは何だろうと自問しています。有難いのはこの問の答えを必ず出さなくてはならないと決まっているわけでも誰かに義務付けられているわけでもないところです。もしかしたら、好きとは何かを考えること自体が好きなのかもしれません。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |