FC2ブログ

ジャムジャム王国(仮)

気まぐれにつらつらと

Entries

帰省(旅行含む)

実家から戻ってまいりました。


どうも、ジャムです。


というわけで愛媛から帰ってまいりました。今の実家は八幡浜という街ですが、昔トロール漁船の拠点として大変な賑わいを誇った街なのだそうです。今ではかつての賑わいも無く街のアーケード街も各地の地方都市の例に漏れずシャッター街となっておりました。


愛媛 004


実家と言っても八幡浜で生活したことが無いため、せっかくだから街中を散歩してみました。さびれていてどこか哀愁を感じる街ですが、ちょっと歩けば中々に面白いものと出会えます。


愛媛 007
街には時代がかった建物も結構残っています。


愛媛 010
歯科医の看板です。レトロなようでモダンな文字がお洒落。


愛媛 015
恐らく今はやっていないであろう喫茶店。昔は賑わっていたのだろう。


愛媛 027
こちらはまだ現役の美容店。店構えが大正モダンチックで素敵です。


歩いていて人も車も少ないのでとても静かです。のんびりとした気持ちになれます。


愛媛 030
プラモデル屋と思いきや…。


愛媛 029
飲食店のショーウィンドウでした。


きっと店主がガンプラ好きなのでしょう。こんな光景都会ではなかなか見ることができません。


さて、八幡浜出身の著名人に二宮忠八という人物がいます。この人物は日本の航空機の父とも呼ばれている人物で、もしかしたらライト兄弟よりも先に有人飛行機を飛ばしていたかも知れなかった人なのです。


愛媛 156
彼が考案した玉虫型飛行器の模型は松山空港にも飾ってあります。


そんな浪漫あふれる人物なのですが、残念なことに八幡浜には彼にまつわる博物館などがありませんでした。(彼がその飛行原理を着想した土地とされる香川県まんのう町には「二宮忠八飛行館」という施設があります。)


閑話休題。


八幡浜から車で少し行ったところに祖父祖母の家があります。その近くのお寺にはご先祖様のお墓もあるのでお墓参りもしてきました。


愛媛 033
墓石の端に小さなカエルがいました。


愛媛 034
それなりに田舎です。


閑話休題。


全国各地に平家落人伝説があるように、八幡浜にも平家谷という場所がありその伝説が残っております。今では流しそうめんとニジマスの釣り堀のある夏のおススメスポットとなっていますが、せっかくなので行ってきました。


愛媛 043 愛媛 048


流しそうめんはU字型のウォータースライダーを囲むように座席が配置されており、回転寿司屋に似ています。水の流れ及びそうめんは左から右に流れていきますので、左利きの人は少々食べにくいですね。


愛媛 055


500円で時間制限無しの食べ放題ですが、存外すぐに満腹になってしまうものです。また、そうめんのみを食べ続けるので飽きてきます。そうなったところでニジマス釣りに移行するわけです。


釣り竿と餌は無料、釣った魚はその場で焼いてもらうかお持ち帰りできますがいずれも300円でした。


愛媛 059 愛媛 057


天然ものではないため素人の私でも簡単に釣ることができます。


愛媛 064
塩を付けて炭火でこんがり。


愛媛 065
上手に焼けましたー。



愛媛 056


山の中なので結構涼しく、夏らしい良い体験ができました。


閑話休題。


せっかく愛媛に来たので、松山もちょっとだけ観光してきました。入りはしませんでしたが、道後温泉や松本城に行ってきましたよ。


愛媛 077 愛媛 096


道後温泉周辺の商店街には創業明治15年の温泉煎餅屋があります。創業以来煎餅一筋のストイックな店です。


愛媛 078


この店の温泉煎餅は松山出身の俳人、正岡子規も好物だったようで彼の日記にも煎餅の記述があるそうです。そんな浪漫あふれる煎餅を買わずにはいられません。


愛媛 158


その他、道後温泉の近くにはお寺や神社のほか道後公園や正岡子規記念博物館といった見どころが点在していましたが、伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)の石段が素敵でした。


愛媛 082 愛媛 087 愛媛 095


愛媛 091 愛媛 088 愛媛 092


道後周辺を回った後は、松山城へと向かいます。途中松山城の近くにある美術館の喫茶店で一服。松山城周りの公園は広々としてとても良い雰囲気でした。


愛媛 103
小高い山のてっぺんにあるお城。


愛媛 114
森の中の石段を上っていきます。


愛媛 120
キノコ発見。


愛媛 128 愛媛 132
格好良いですね。


城の中も鉄筋コンクリートビルディングではなく、木造で忠実に復元されており見ごたえがありました。甲冑コスプレ体験コーナーもありましたが、先客がおり、時間の都合もあったので今回はスルーしました。


今回はせっかく帰省するならついでに旅行もしてしまえということで楽しい帰省となりました。そういえば温泉煎餅の他に、美術館のミュージアムショップでもひとつお持ち帰りしたものがありました。特にその美術館所蔵のものとは関係ありませんが、モナ・リザの指人形ストラップです。


愛媛 159


どうしてこうなった
スポンサーサイト



*Comment

 

モナ・リザこえええええええええええ!!
本当にどうしてこうなったw

釣りたての魚を塩焼きにして食べるのって最高ですよね~!
個人的に、かなりの贅沢だと思っています。

あ、遅れましたがおかえりなさい。
最後の写真の所為で吹っ飛んでたw
  • posted by はぐれ物書き 
  • URL 
  • 2011.08/28 22:21分 
  • [Edit]

 

帰省&小旅行お疲れ様です、お帰りなさい。
八幡浜では、本当に時代がかった、自分には映画やアニメくらいでしか見たことがないような魅力的な建物がたくさん残っているのですね。

太陽の下で釣りをして、釣った魚を塩焼きで食べる・・・想像しただけでウズウズしてしまいますw

創業明治15年の温泉煎餅屋とは相当年季が入ってますね・・・。
創業以来煎餅一筋とは、物凄い信念を感じます。憧れを抱いてしまいます。煎餅いいですね~。いいなぁ~・・・。

あと、モナ・リザこえええええええええww
  • posted by Kyou 
  • URL 
  • 2011.08/28 23:29分 
  • [Edit]

 

じゅるり…

やはり夜中に食べ物の画像なんて見るもんじゃありませんね。


帰省お疲れ様でした。
寂しくも慣れない場所に行くと心が踊りますね。


モナリザさん…その何とも言えない笑みは皮肉っているようで萌えます。
  • posted by 蓮根111377 
  • URL 
  • 2011.08/29 04:14分 
  • [Edit]

 

お疲れ様です。そしてお帰りなさい

魚美味しそうですね~^^

モナ・リザがwww
  • posted by ふうか 
  • URL 
  • 2011.08/31 14:12分 
  • [Edit]

 

ジャムさん、お帰りなさい。

小旅行はたのしそうですね。八幡浜は知らないのですが、シャッター街やレトロな町並みがすごく好きです。

墓石のかえるの写真にはすこし萌えました。

ニジマスもそうですが、こーゆー所で釣った魚をその場で塩焼きにして食べるのはすごくおいしいですよね。しかもニジマスなんて、、、妬ましい。

自分は松山の事はあまり知らないのですが、少し離れた所から撮ったお城の写真や、森の中の石段の写真はすごくいいなと思いました。

モナリザのストラップはかなりアウトですねwwなぜモナリザの顔がああなったのか知りたい。
  • posted by 1000 
  • URL 
  • 2011.08/31 19:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ジャジャム・ジャム

Author:ジャジャム・ジャム
ニコニコ動画でピアノなんぞ弾いております。

あまとう!

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カテゴリ