FC2ブログ
求聞和歌拾遺
2014/01/18(Sat)
世間ではセンター試験が行われているようですね。センター試験といえば天気が崩れるイメージでしたが、今日は晴れています。皆様のお住まいの地区はどうでしょうか。


どうも、ジャムです。


先日のコミケで頒布した『求聞和歌拾遺』はメロンブックスさんで委託販売中です。どうぞよろしくお願いいたします。


そんなわけで、今回はこの作品について自分なりに振り返ってみようと思います。


今回私が担当したのは1,2,3,5,8,9曲目の全6曲とブックレットの和歌及び序文、独白です。


まず和歌やテキストについてですが、全く初めてのことだったので自分でもどの程度の事ができたのか分かっていません。特に和歌は古文の文法も知らない身でしたが、そもそも和歌に詳しい人なんてめったにいるものでもないし雰囲気が伝われば大丈夫という妙な開き直りのもとで詠まれました。


全体的に長歌が多いのは私の趣味です。5,7,5,7,5,7…とつらつら続くリズムが好きなのです。もちろん短歌の文字数で情景を歌い切るだけの技量が無いのも原因ですが。個人的には8曲目の輝夜の和歌がお気に入りです。


序文や独白については殆ど即興でした。特に最後の独白はページの都合で急遽必要になりひねり出したものです。


そんな素人の和歌や文章なので、ひそなさんの素敵なイラストにかなり助けられている感が溢れだしているブックレットでした。


楽曲についてですが、まず1曲目。これは阿求が編纂した和歌集というコンセプトなら阿求の曲が必要だということに気付いて急遽作った曲ですが、それなりにオープニング感が出ていて良かったかなと思っています。


2曲目は萃香=鬼ということで、縦ノリで土臭さのあるイメージで作りました。私なりの土着的な日本の香りを曲にしてみましたがいかがでしたでしょうか。


3曲目は1,2曲目とはうってかわって西洋的な曲風になってしまいましたが、コンパクトながら綺麗にまとめられたかなと思っています。春といえばまず桜が思い起こされますが、青空と菜の花も麗らかで霊夢のイメージに合うかと思っています。


5曲目は昔を思い出す早苗さんということで、ノスタルジックな曲調にしてみました。夏にしてはちょっと涼しすぎたかもしれませんね。あと4分10秒からの約20秒間は今回の6曲の中で一番弾くのが難しかった部分です。メロディ全てが和音で、それを打撃的にならずなめらかに繋ぐのに苦労しました。


8曲目は終始穏やかな曲調です。左手はほとんど変わること無く同じパターンを続けて、その上でメロディが変化していく形は、変わらない時の流れの中で変わっていく星の動きや月の満ち欠けをイメージしたものです。派手さはありませんがシンプルな分ごまかしも効かず、弾くと結構緊張する曲でした。


9曲目は幽々子さまです。聴けば分かるとおり、バッハやショスタコーヴィチのプレリュードとフーガを真似てみましたが、和声や楽典といった専門的なことが分かっていない人間にそんなことできるはずもなく、なんちゃってフーガもどきになりました。ただ、終始3旋律を意識しなくてはならないので、弾くのは結構苦労しました。最大瞬間風速では早苗さんの曲が上ですが、平均風速でいえばこの曲が一番だったと思います。


一気に6曲のアレンジを作って弾くことは初めてだったので色々といたらない部分はあったかもしれませんが、とりあえず今の自分はこうなんだというものが見えて面白かったです。


閑話休題。


今日はピアノの調律の日でした。弦も切れていたので張替えもお願いしました。いつも来てくださる調律師さんは、もう10年もお世話になっている方です。その方が来月から約3年間アメリカに出張するのだそうです。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<お気に入りだった期間限定ケーキの期間が終わってしまったらしい | メイン | おっさん萌え>>
コメント
-  -
はじめまして、冬コミの際に購入してからいつも聴かせて頂いております。
ジャムさんの担当された1番以外の曲のピアノの音色が変わっておりますが、電子ピアノの音でしょうか、それとも録音場所が変わったのですか?
唐突な質問で申し訳ございません。
2014/01/27 08:38  | URL | #mvcB0rpk[ 編集]
- Re: タイトルなし -
CDお聴きいただきありがとうございます。
実は1番はおおあめさんとの合作みたいなもので、私のピアノに色んな音やエフェクトかけたりしています。
2014/01/29 20:25  | URL | ジャジャム・ジャム #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://yashironoyume.blog24.fc2.com/tb.php/216-80dc7a17

| メイン |