FC2ブログ

ジャムジャム王国(仮)

気まぐれにつらつらと

Entries

梅雨の小話

紫陽花の花も色づきはじめた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。天気予報では雨だったのですが結構晴れていたので昼から洗濯物を干しました。

どうも、ジャムです。

梅雨の名に恥じぬ湿度の高さで過ごしにくいですね。北海道は梅雨が存在しないそうですが、本当なのでしょうか。私は長野以北に行ったことが無いので東北、北海道には強い憧れがあります。冬に当然のごとく雪が降る土地とは一体どのような場所なのだろうかと。

せめて北国の雪景色を思い浮かべて、多少なりとも涼しい気分になろうという魂胆です。

涼しい気分にさせてくれるものといえばやはり怪談話でしょうか。恐怖と涼しさを結びつける感覚なんて、外国人に理解できるでしょうか。その辺りが文字通りクールジャパンなのでしょうね。

実は私、怪談話は大好きなのです。ニコニコ動画でも「ニコニコ百物語」のタグが付いた動画のお世話になっております。

残念ながら私自身には霊感や超能力といった高級な機能は備わっておりません。以前、ESPカードという透視能力などの超能力の実験に使われるものを試したことがあるのですが、見事に全カード不正解という記録を打ち立てました。普通あてずっぽうでも何枚かは当たりそうなものですがどうなんでしょうか。

そんな私でも以前一度だけ神秘体験的な出来事を経験したことがあります。

あれは七年前のちょうど今頃、六月の出来事でした。一人暮らしをしていた私に、母から電話がありました。

「最近何か変わったことはなかったか?体は大丈夫か?」という何とも漠然とした内容でした。普段なら何もないと答えてそれきりだったのでしょうが、その時はそうはいきませんでした。

実はその電話の三日頃前から、私は妙な胸の痛みが続いていたのでした。

ほっとけば治るだろう位に思ってはいましたが、その電話を聞いて「しいて言えば最近胸が痛む」と伝えました。喘息を経験したことのある母は、「あなたも喘息かもしれないからとりあえず病院に行け」と言ったのでした。

次の日病院に行って胸のレントゲン写真を取ってもらいました。お医者様はそれを見ながら「よくこんなになるまで我慢できたな」と驚いておりました。なんでも肺に穴があいていて、呼吸するたびにそこから空気が漏れて左の肺が握りこぶし程に縮んでいたそうです。

いわゆる自然気胸というものだそうで、原因らしい原因もなく自然に肺に穴があいてしまうものらしいです。

即日入院となり、私は生まれて初めての入院生活を送ることになりました。気胸の治療はとても痛いものでした。痛み止めなんて焼け石に水です。

余談ですが入院の際、注射を嫌がり暴れた私を信じられない力で取り押さえ、さらに採血の際には「たくさん採れた!」と無邪気に笑う女性看護師を見て以来、白衣の天使なんてものは幻想なのだと悟りました。そのうち幻想郷にも現れるかもしれませんね。注射針の弾幕を放つ白衣の天使が。

閑話休題。そんな入院生活のきっかけとなった母からの電話ですが、思い返してみれば不自然なものでした。普段から頻繁に連絡を取り合っているでもなく、まして病気がちというわけでもなく健康そのものだった私に何故あのタイミングであんな電話が掛ってきたのでしょうか。

無事退院してそのことを母に聞くと、母ももともとあんな電話をする気は全く無かったということでした。ですが、あの電話をした日の朝、母のもとに祖父から電話があったそうです。

「今朝、家の仏壇のお供えをしていたら風も吹いていない、触れもしていないのに勝手に蝋燭が倒れた。妙に心配になったから親戚全員に何か良からぬことが起きたのではと電話をしているところだ」

といった内容だったそうです。それが母経由で私に伝わったそうです。

霊感も何も無い私ですが、ご先祖様はちゃんと見守ってくださっていたということでしょうか。有難い話ですね。

皆様はちゃんとご先祖様のお墓参りなさっていますか。私はここ数年全然していません。そろそろやらないと罰が当たりそうですね。
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

NoTitle 

不思議な話ですね~。
こういう話を聞くと、改めてこの世界はまだまだ謎だらけなんだな、と思えて嬉しいです^^

でも怪談は苦手だったりw
洗面所の鏡が怖くなるのでww
  • はぐれ物書き 
  • URL 
  • 2010年06月19日 22時29分 
  • [編集]

NoTitle 

気胸は背が高く痩せ型の若い男性に多いとのこと。
(たぶん)当てはまっていらっしゃいますね。自分の先輩も全く同じでした。
再発しないように祈っております。
  • FOXPHIL 
  • URL 
  • 2010年06月20日 21時10分 
  • [編集]

 

変わったこともあるものですね。まだまだ世の中は不思議だらけです。
まあ人類が居るうちは不思議なことは尽きないと思いますが。それにしても看護師さん、随分パワフルなことで(笑)血をみて満面の笑みとは恐ろしいですね。その場に居たら笑えないでしょうけど。

気胸再発しなければいいですね。
  • 蓮根111377 
  • URL 
  • 2010年06月21日 22時53分 
  • [編集]

NoTitle 

時々それに近い話を聞くことがあります
やはり、ただの偶然として片付けられないものだったりするのですかね
最近の看護師さんはパワフルな方が多いかもしれません
見た目とは裏腹に怒鳴ったりする人を自分は知っていますし
やはり理想は幻想なのですかね・・・・
  • Delta 
  • URL 
  • 2010年06月26日 01時22分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ジャジャム・ジャム

Author:ジャジャム・ジャム
ニコニコ動画でピアノなんぞ弾いております。

あまとう!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カテゴリ