FC2ブログ
春ですよ
2018/04/01(Sun)
先週、今週と土日は良い天気に恵まれて、桜もちょうど見頃だったこともあり花見が捗りましたね。


どうも、ジャムです。


私も先週は花見に興じました。


IMG_7865.jpg


同人関係でお世話になっている方々からのお誘いで数年ぶりの花見でした。


そして昨日は同じく同人関係の友人とTRPGに興じてきました。実は3月17日に一度TRPG会が開かれ参加したのですが、その一日では用意されたシナリオが終わらなかったため2回目の開催となったものです。


TRPGについての説明はウィキペディア先生におまかせしますが、一般的な知名度はまだまだ高いとは言い難いかもしれません。オタク界隈ではある程度知名度のある遊びだけど実際やったことがある人は結構少ない、愛好家であれば皆まで言うな的な、社会における認知度に偏りがある遊びかもしれません。


かく言う私も聞いたことはあるけどやったことはないというクチでしたが、ようやく実績解除することができました。


自分が受け持つアーキタイプ(職業)に応じてステータスが異なるため、そこから逆算して自分のキャラクターの設定(性別や容姿、性格等)を考えていったり、プレイ中もプレイヤーのイマジネーション次第でほぼ無限にできることがあるなど、コンピューターRPGとは随分感触が異なります。


コンピューターだと全てシステムで処理される部分もプレイヤー同士の相談やGM(ゲームマスター・ゲーム全体のシステム管理や進行、判定を行う人)の裁量に任されているためあやふやな部分も多々あります。


そのためゲームクリアよりもその時々で何ができるか考えたり、そもそも自分の考えたキャラクターならどういう行動を取るのかを妄想したりと、場面ごとにプレイヤー同士で考え話し合うことそのものが目的になるような感じです。


コンピューターゲームに慣れていると奇妙で腑に落ちない部分も出てくるかもしれませんが、特にオタクと言われるような趣味を持つ人々なら必ずやっているであろう、キャラクターやシチュエーション、設定に対するオリジナル妄想やifストーリーの想像を堂々と語り合い共有するという、その手の方面の人なら楽しくないわけがないというゲームです。


今回プレイしたのは『シャドウラン』というアメリカ発のTRPGで近未来の日本を舞台としたサイバーパンクなのですが、世界の異変により魔法が現実の力として存在するようになり、さらにドラゴンやオークといったモンスターや亜人種も社会の中に存在するようになっているという世界観です。


要するにSFと西洋ファンタジーの合体という、ハンバーグカレー的な舞台なわけです。そしてプレイヤーはその中で非合法な仕事をこなす裏社会の住人として生きていくのです。


私はストリート・サムライという職業でプレイしました。直接戦闘に特化したキャラクターでできることがはっきりしていて戦闘でも強いため初心者でも動かしやすいキャラクターですね。


しかしこのゲームは情報収集や交渉、限られた情報からの推測等戦闘以外での見せ場が多いため戦闘に強いイコール常に活躍できるというものでもありません。実際に今回プレイしたシナリオではストーリーの流れを作る重大な判断や選択はディティクティブ(探偵)という職業のプレイヤーが大部分を担っていました。


この辺りのバランス感覚はGMの手腕によるものでしょうが、こういった見せ場がいくつも出てくるためどのアーキタイプを選んでも楽しめます。


他プレイヤーのキャラクターが動いているだけでも、時には互いにアドバイスしたりツッコミを入れてみたりとプレイヤー同士の掛け合いが生まれるので退屈しません。


難点があるとすれば、キャラクターの一挙手一投足ごとにプレイヤー同士の会話が盛り上がるため膨大な時間が必要となること、ある程度まとまった人数を集めなくてはならないことでしょうか。手間も時間もかかります。料理と同じでその分美味しいのですが。


最近では片手間、スキマ時間でプレイするタイプのゲームが多い様ですが、あえて時間と人と手間をたっぷりかけてプレイするゲームというのも良いものですね。


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダム活 | メイン | ワイルドプラントウィズウドン/ソバ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://yashironoyume.blog24.fc2.com/tb.php/289-8115b000

| メイン |