FC2ブログ

ジャムジャム王国(仮)

気まぐれにつらつらと

Entries

駄菓子屋の記憶

明日から夏休みが終わり学校が始まるという方も多いでしょうか。やや涼しくなったと思ったらこの週末再びの猛暑で外に出る気力もありません。


どうも、ジャムです。


夏休みといえば終盤になるとやることもなくなり退屈だったなんてことも多かったのですが、たかだか1ヶ月半の期間がなぜあれだけ長く感じたのでしょうか。逆に言えばなぜ今はこんなにも時の流れを速く感じるのでしょうか。


映画や漫画では夏休みといえば山に囲まれた田舎、蝉の声、強い日差しを浴びた眩しい緑と青い空に入道雲といったビジュアルが思い浮かびますが、実際に子どもの頃そんな景色の中で夏を過ごしていたのかと言われればあまりそんな記憶はありません。人々の理想の集合体でしょうか。


大人になり夏休みが無くなったとしても、せっかくの夏なので子どもの頃の気持ちを蘇らせてみるのも一興です。


小学生の頃の大好きだった空間といえば色々ありますが駄菓子屋などは私も大好きでした。入り浸りという程ではありませんでしたが、お菓子は誰でも好きなもの。そんなものが所狭しと並んだ空間は子ども心にとても魅力的な空間でした。


駄菓子屋のお菓子といえばくじや当たり付きのものが外せません。子どもでも「実は当たりは入ってないんじゃないか」と考えるものですが、そんな時に友達や隣のクラスのあいつが当たりを引いたなんて話が流れてくるもので、運良く当たりを引いたらちょっとしたヒーローになれました。


そんな当たり付き菓子の中で特にノスタルジックなものはカラフルな丸いガムです。パチンコやピンボールのような紙箱の横にボタンが付いていて、そのボタンを押せば一粒転がり出るガムです。ガムの色によって50円や100円分のお菓子と交換できる福引のようなガムです。当たりに何種類かあるのがより期待感を膨らませてくれました。


結局当たりのガムを出した記憶はありません。子どもの小遣いでは当たりが出るまで買い続けるなんてことはできませんでしたし、仮にそれだけのお金があれば別の欲しいお菓子を買っていたでしょう。ですが当たりを出したという体験はプライスレスです。どうしても体験してみたいものです。


幸いなことに私はもう大人です。夏休みを失った代わりに財力を手に入れました。やることは一つです。


IMG_0747.jpg


箱ごと買えば絶対に当たりが引けるという寸法です。


IMG_0749.jpg IMG_0750.jpg IMG_0752.jpg


大人になった今でもワクワクさせられるデザインですね。


IMG_0751.jpg


当たりのガムで渡される景品の値段分だけ余分にガムが入っているそうです。その分確率下がってるじゃないですか!しかし今となっては確率なんて関係ありません。


IMG_0756.jpg IMG_0757.jpg


当たりのガムは確実にこの中に入っているのですから。約束された勝利のガムです。


IMG_0759.jpg IMG_0753.jpg

一度箱を底から開けてガムを取り出し上から詰め直す方式だったんですね。前述の通り余分にガムが入ってるせいで箱の上には全部入りきりません。このへんの適当さも時代を感じて良いですね。

スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ジャジャム・ジャム

Author:ジャジャム・ジャム
ニコニコ動画でピアノなんぞ弾いております。

あまとう!

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カテゴリ