FC2ブログ

ジャムジャム王国(仮)

気まぐれにつらつらと

Entries

遠野見聞録 参

もうちょっとだけ続く遠野物語。


二日目は遠野トリムFOなるものにチャレンジしました。遠野トリムFOとは、遠野に点在する見どころを自転車で巡りながらそれぞれのポイントでクイズに答えていくというものです。遠野駅前の観光案内所でクイズ用紙(50円)をゲットしたらあとは風に吹かれるまま走るのです。


「遠野の歴史を訪ねるコース」「遠野の物語を訪ねるコース」「遠野の奇岩と石碑を訪ねるコース」と三つのコースが設定されています。今回は「遠野の物語を訪ねるコース」を選択しました。

マップを見ながら指定ポイントを巡りクイズに答えていくのはRPGのクエストをこなしている感覚で楽しかったです。


遠野 393 遠野 373 遠野 446

右の写真はかつて姥捨ての場所だったというデンデラ野。


遠野 465

まだまだ現役という水車小屋。


今回は一つのコースしか走りませんでしたが、残りの二つのコースもぜひ走ってみたいものです。


さて、遠野ではレンタサイクルの貸出を行っており誰でも気軽にサイクリングできますが、愛着のある自転車で走れば楽しさも倍増というわけで、今回の旅行には自転車も一緒に連れてきておりました。


遠野 125 遠野 396

こういうときには折りたたみ自転車が便利です。


また、折りたたみ自転車が珍しいのか行った先々でよく声を掛けられます。方言のせいか年のせいか分かりませんが六割ほど何を言っているか分からないおじいちゃんは、昔自転車を盗まれた話や今使っている腕時計はもう五十年使っているがずっと正確でとても良いものだといった内容の話をしてくれました。


おみやげ屋のおばちゃんなどは店内にもかかわらず折りたたみの実演を求めてきました。


私自身旅行者で初めての場所にいるのに道を訪ねられたりもしました。声をかけやすい見た目なのでしょうか。



そんなわけで午前中はサイクリングを楽しみましたが、午後は遠野駅周辺を観光しました。


遠野市立博物館は遠野物語百周年を記念して今年4月にリニューアルしたばかりというだけあって綺麗でした。主に遠野の歴史や昔の暮らしぶり、古民具などが展示されており、遠野弁で語られる民話や水木しげるが描くアニメの上映もなかなかのものでした。


とおの昔話村はまさにまんが日本むかしばなし展示場です。また、昔の旅館を利用した施設のため、柳田国男が遠野を訪れた際泊まった部屋もありました。


遠野 494


前回の夜の写真を見ればお分かりかと思いますが、遠野は夜遅くまで開いているお店が少ないため、おみやげなど買う際は注意が必要です。今回のおみやげは遠野昔話のDVDです。


遠野 001


大正12年生まれという語り部、正部家ミヤさんによる昔話DVDです。正部家ミヤさんは今でも二百を超える昔話を語ることができるそうです。まさにリアル阿求ですね。


こうして無事おみやげも買えたわけですが、帰りの深夜バスの時間まで何をするかが、今回の旅の最大の問題でした。バスは夜十時半出発なのにお店は殆どしまっている状態です。花巻辺りに出かけようにも電車は一時間に一本程度、花巻に着いた瞬間遠野に戻らなければバスに間に合いません。


しばらくは駅のベンチで遠野物語や佐々木喜善の聞耳草紙を読んでいたのですが、お腹が空いてきたので長時間ねばれる飲食店を探しました。


結局居酒屋兼喫茶店といったお店に入ってカレーを食べましたが家族経営らしく、カウンターに座っているお子さんに宿題をするよう促している姉と母の姿が微笑ましかったです。


お店の人は自転車を転がしている私を見て深夜バスを待っている人だと察してくださり、閉店時間を過ぎても店にいさせてくれました。本当に有難い話です。


そんなわけで今回も思い付きの旅行でしたが、充実した時間を過ごすことができました。
スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

 

遊び感覚で観光場所巡りとは良いものですね。

巡った先の水車小屋をプロフィールの画像に入れてると気づき、
本当に心惹かれる良い所なのだとしみじみと感じました。

それにしても折りたたみ自転車の力(?)には驚きました。
やはり珍しいものなのでしょう。旅先では必需品ですね。

改めて、遠野観光お疲れ様でした!
  • Kyou 
  • URL 
  • 2010年09月25日 14時09分 
  • [編集]

 

僕も何故か声を掛けられる事が多いですね~。
先日も道を歩いていたら急に道を尋ねられました。

おじいちゃんやおばちゃん、そして居酒屋のご家族と、読んでいてなんだか心が温まりました。
遠野って本当に素敵な場所なんですね^^
  • はぐれ物書き 
  • URL 
  • 2010年09月26日 03時18分 
  • [編集]

 

自分も旅行先とかで道を尋ねられることが結構ありますね。いつだったか白川郷に行ったときは道を尋ねられて地元の人間ではないと返すと驚かれたりこの前諏訪に行ったときは近くにいい野菜が売っている店はないだろうかと尋ねられたりとそこまでその土地に溶け込んでいたんでしょうかw。
自分は旅行でもラフな格好でいるのでそのせいかもしれません。

それはさておき随分と遠野が気に入ったようですね。充実した休暇が過ごせたようでよかったです。
それにしても折り畳み自転車と自然豊かな土地ときて某なく頃にの富竹氏を想起したのは自分だけでしょうか。
いや自分だけでしょう。
  • 蓮根111377 
  • URL 
  • 2010年09月27日 01時13分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ジャジャム・ジャム

Author:ジャジャム・ジャム
ニコニコ動画でピアノなんぞ弾いております。

あまとう!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カテゴリ