FC2ブログ

ジャムジャム王国(仮)

気まぐれにつらつらと

Entries

八咫烏が呼んでいる

関サバとか関アジと同じようなものかと、関ジャニを今までずっと「せきじゃに」と読んでいました。本当は「かんじゃに」と読むのだそうな。美味しそうな名前だなーと思っていたのに残念です。


どうも、ジャムです。


以前から目論んでいたゴールデンウィーク旅行に行ってまいりました。今回の目的地は和歌山県と三重県です。今回の旅行のテーマは熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へのお参り、棚田見物、そして知らない道サイクリングです。


去る五月三日の夜、夜行バスで和歌山県新宮市まで旅立ちました。この旅最初の難関が池袋駅脱出及びバスターミナルへの道でした。


四日朝、新宮市に到着。早速自転車に乗り熊野神社の総本宮である熊野本宮大社を目指します。


熊野巡り 003


本宮まで34キロ。ひたすらペダルを踏みます。熊野川沿いの国道一本道なので地図が無くても迷いはしません。ただ、交通量はそれなりに多く歩道も無い区間が多いので結構気を使いながらの走行でした。


熊野巡り 007 熊野巡り 012 熊野巡り 016


ちなみに川の向こう側は三重県です。


熊野巡り 018


川沿いの道なので極端な坂道はありませんが、それでもなだらかな登りが続く区間はなかなかスピードに乗れず苦労しました。普段は全然走っていないのでこういうとき大変です。それでも2時間半程で目的地にたどり着くことができました。


ここでまず目につくのが大きな鳥居。大斎原(おおゆのはら)という場所にある日本一の高さを誇る鳥居です。


熊野巡り 021



現在は高台に建っている本宮ですが、明治二十二年までは熊野川の中州に建っていたそうで、大洪水で流されてしまったそうです。その跡地が大斎原で上記の大鳥居は平成十二年に建てられたのだとか。


熊野巡り 025 熊野巡り 029 熊野巡り 026


近くで見るとその大きさに圧倒されます。鳥居には熊野神社の象徴である八咫烏があしらわれています。神武天皇を熊野から大和まで案内したとされる烏で熊野三山の御使い(神様の使者)とされています。そのため熊野神社ではあちこちでこの烏を見ることができます。


熊野巡り 032



本宮の鳥居の横でも大きくアピールされています。この鳥居をくぐり石段を上がると今度は注連縄でできた八咫烏に出会えます。


熊野巡り 036 熊野巡り 040 熊野巡り 039


ちゃんと三本足ですね。社殿は重要文化財にも指定されている立派なものですが、何故か撮影禁止の看板があったため、普通に撮っている人もたくさんいましたが自重しました。社殿が見たい方、「お空は俺の嫁!」という方はぜひ参拝されることをお勧めいたします。


社務所では集印帖が売られており、参拝の証に印と神社の名前、日付をその場で書いてもらえます。集印帖のデザインは熊野三山各神社ごとに異なっているようですが、私のものは本宮のデザインです。


熊野巡り 319 熊野巡り 320


一通り満喫したらまたまたサイクリングタイムです。帰りは行きよりも下りが多いため若干スムーズに帰れました。ただお尻がすごく痛いです。


熊野巡り 051 熊野巡り 043 熊野巡り 056 熊野巡り 057 熊野巡り 061


熊野川の水は綺麗でカヌー体験なども行われているようです。機会があればぜひやってみたいものです。


無事新宮に戻りその足で熊野速玉大社に参拝します。速玉大社は新宮駅からも近く熊野三山の中では最も参拝しやすい立地だと思います。


熊野巡り 064 熊野巡り 069 熊野巡り 070


熊野本宮大社と違って鮮やかな朱塗りの社殿となっております。お参りを済ませご朱印を頂こうとしたら速玉大社と神倉神社どちらのものですかと問われました。なんでも近くに熊野の神々が最初に降臨した場所とされる神社が
あるそうで、その神社には社務所が無いため速玉大社で一緒に朱印を押しているのだそうな。


というわけでその神倉神社にも参拝してまいりました。


熊野巡り 077 熊野巡り 078 熊野巡り 081


朱塗りの鳥居を抜けるとすこぶる急な石段が続きます。それも間隔が不揃いでちょっとした山登りをしている気分です。もちろん自転車では登れませんので近所に停めておきます。


熊野巡り 087 熊野巡り 090


長い石段を上った先には朱塗りの社と大きな岩がありました。ごとびき岩と呼ばれるこの岩がこの神社の御神体なのだそうです。ここからは新宮市も一望できちょっとした達成感を味わうことができます。


熊野巡り 096


ちなみにこの神社を下から見るとこんな具合です。↓


熊野巡り 001


というわけで無事神倉神社への参拝も済み再び速玉大社へ向かい、神倉神社の朱印もいただきました。


熊野巡り 321


しかしこういうカッコイイ文字をさらさらと書けるなんて憧れますね。私は字が汚いので綺麗な字が書ける人に憧れます。


こういった具合で熊野旅行一日目は終了したのでした。

スポンサーサイト



  • [No Tag]

*Comment

 

ああ、「関ジャニ」ってカンジャニと読むのですね。
自分も今さっきまで「セキジャニ」と読み、知らないままでいましたwww

GW旅行一日目のレポートお疲れ様です。
八咫烏はどういうわけか個人的にとても惹かれます。烏そのものは苦手なのにどこかしら魅力を感じるのはお空の影響でしょうか?
時間さえあればお空が原動力となり、実際に熊野神社行ってしまうかもわかりません!
熊野川の写真がとても綺麗で見入ってしまいます。このような綺麗な川は写真でしか見たことがないので、実際に行って見てみたいものです。カヌー体験もあるのであれば、至れり尽くせりではないですか!

次回のレポートも楽しみにしています。
  • Kyou 
  • URL 
  • 2011年05月06日 12時33分 
  • [編集]

 

自転車の旅!大変そうですが、すごく楽しそうですね~!
風景も素晴らしいですし、これはリフレッシュ出来そう……!

しかしこの字、ほんとかっこいいですね。
これをさらっと書いてしまうとは……目の前でやられたら感動ものですw
  • はぐれ物書き 
  • URL 
  • 2011年05月07日 03時10分 
  • [編集]

 

神社巡り、いつかはしてみたいものです。


なんだか自然が多いと吹っ切れます。
普段こんなに自然がある場所に居ないので本当にこんなところに住めたらなと夢想します。
自然に溶け込むように生活すれば何故人々が神という存在を信仰しだしたかが解るような気がするのです。しかし住む内に慣れてしまうのでしょうか。

文明の発達はある種盲目的な気がします。
逆もしかりですが。








お空かわいいよお空。
  • 蓮根111377 
  • URL 
  • 2011年05月07日 03時54分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ジャジャム・ジャム

Author:ジャジャム・ジャム
ニコニコ動画でピアノなんぞ弾いております。

あまとう!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カテゴリ