FC2ブログ
春ですよ
2018/04/01(Sun)
先週、今週と土日は良い天気に恵まれて、桜もちょうど見頃だったこともあり花見が捗りましたね。


どうも、ジャムです。


私も先週は花見に興じました。


IMG_7865.jpg


同人関係でお世話になっている方々からのお誘いで数年ぶりの花見でした。


そして昨日は同じく同人関係の友人とTRPGに興じてきました。実は3月17日に一度TRPG会が開かれ参加したのですが、その一日では用意されたシナリオが終わらなかったため2回目の開催となったものです。


TRPGについての説明はウィキペディア先生におまかせしますが、一般的な知名度はまだまだ高いとは言い難いかもしれません。オタク界隈ではある程度知名度のある遊びだけど実際やったことがある人は結構少ない、愛好家であれば皆まで言うな的な、社会における認知度に偏りがある遊びかもしれません。


かく言う私も聞いたことはあるけどやったことはないというクチでしたが、ようやく実績解除することができました。


自分が受け持つアーキタイプ(職業)に応じてステータスが異なるため、そこから逆算して自分のキャラクターの設定(性別や容姿、性格等)を考えていったり、プレイ中もプレイヤーのイマジネーション次第でほぼ無限にできることがあるなど、コンピューターRPGとは随分感触が異なります。


コンピューターだと全てシステムで処理される部分もプレイヤー同士の相談やGM(ゲームマスター・ゲーム全体のシステム管理や進行、判定を行う人)の裁量に任されているためあやふやな部分も多々あります。


そのためゲームクリアよりもその時々で何ができるか考えたり、そもそも自分の考えたキャラクターならどういう行動を取るのかを妄想したりと、場面ごとにプレイヤー同士で考え話し合うことそのものが目的になるような感じです。


コンピューターゲームに慣れていると奇妙で腑に落ちない部分も出てくるかもしれませんが、特にオタクと言われるような趣味を持つ人々なら必ずやっているであろう、キャラクターやシチュエーション、設定に対するオリジナル妄想やifストーリーの想像を堂々と語り合い共有するという、その手の方面の人なら楽しくないわけがないというゲームです。


今回プレイしたのは『シャドウラン』というアメリカ発のTRPGで近未来の日本を舞台としたサイバーパンクなのですが、世界の異変により魔法が現実の力として存在するようになり、さらにドラゴンやオークといったモンスターや亜人種も社会の中に存在するようになっているという世界観です。


要するにSFと西洋ファンタジーの合体という、ハンバーグカレー的な舞台なわけです。そしてプレイヤーはその中で非合法な仕事をこなす裏社会の住人として生きていくのです。


私はストリート・サムライという職業でプレイしました。直接戦闘に特化したキャラクターでできることがはっきりしていて戦闘でも強いため初心者でも動かしやすいキャラクターですね。


しかしこのゲームは情報収集や交渉、限られた情報からの推測等戦闘以外での見せ場が多いため戦闘に強いイコール常に活躍できるというものでもありません。実際に今回プレイしたシナリオではストーリーの流れを作る重大な判断や選択はディティクティブ(探偵)という職業のプレイヤーが大部分を担っていました。


この辺りのバランス感覚はGMの手腕によるものでしょうが、こういった見せ場がいくつも出てくるためどのアーキタイプを選んでも楽しめます。


他プレイヤーのキャラクターが動いているだけでも、時には互いにアドバイスしたりツッコミを入れてみたりとプレイヤー同士の掛け合いが生まれるので退屈しません。


難点があるとすれば、キャラクターの一挙手一投足ごとにプレイヤー同士の会話が盛り上がるため膨大な時間が必要となること、ある程度まとまった人数を集めなくてはならないことでしょうか。手間も時間もかかります。料理と同じでその分美味しいのですが。


最近では片手間、スキマ時間でプレイするタイプのゲームが多い様ですが、あえて時間と人と手間をたっぷりかけてプレイするゲームというのも良いものですね。


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ワイルドプラントウィズウドン/ソバ
2018/03/04(Sun)
オリンピックが終わったと思ったら一気に春になりつつありますね。花粉症がいつ発症するか怯えています。


どうも、ジャムです。


花粉症って今まで大丈夫でも急に発症するとかどうしようもないですね。何だか喉がムズムズすると思いついに発症したと思ったらただの風邪っぽいです。


閑話休題。


先週ついったーのフォロワーさんに誘われて野沢温泉スキー場に行ってきました。初めてのスキーです。あらゆる所に雪が積もっていて不思議な景色でした。


IMG_7768.jpg IMG_7767.jpg


雪も話でしか聞いたことのないふわふわサラサラの雪で、踏むたびに鳴る音が印象的でした。半日も滑ると踏ん張りが効かなくなり体力不足を痛感しました。


まだ思ったタイミングで曲がったり止まったり出来ないのですが、コツを掴めそうなところまで滑り続ける体力が無いので次回に持越しです。また挑戦行きたいですね。


野沢菜とりんごジュースが美味しかったです。スキー場のメニューの直訳っぷりも面白かったです。


IMG_7745.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大洗グルメ
2018/02/11(Sun)
インフルエンザが猛威を振るているようで、職場でも感染が広がっています。実は予防接種を受けたことが無いのですが、今のところ私は平気です。


どうも、ジャムです。


ちょうど去年の2月、ガルパンで有名になった大洗に行ったのですが今回再び足を運びました。のんびり各駅停車でも行ける距離が嬉しいですね。


IMG_7526.jpg IMG_2386.jpg


今回はガルパンで戦車が突っ込んだことで有名な旅館、肴屋本店さんに泊まりました。料理自慢の宿ということでもちろんあんこう鍋プランを選びました。


IMG_2288.jpg IMG_7513.jpg


あんこう鍋の他にも友酢やお造り柳カレイの焼き物、シメの雑炊と食が細いと食べきれない程のボリュームでした。


基本的にはガルパンに登場した風景や商店街を散策していたのですが、その中でも日下ヶ塚古墳 (ひさげつかこふん)は個人的にグッと来たスポットでした。


前方後円墳なのですが、後の世に削り取られたらしく微妙に形が崩れている古墳です。削られた形が見て分かるので歴史の流れを実感できます。


IMG_7531.jpg IMG_2520.jpg


ここは小高い丘の上なのですが周囲にも複数の古墳があり、古代から大洗には一定規模の社会があったことが分かります。


散策しながら気になったものを食べ歩いたのですが、小麦粉の団子にみたらしときなこをかけた「みつだんご」や、とてもその値段とは思えない程大量のかにが入った400円のかに汁と600円のかにめし、ガルパンでも登場した串かつ等、どれも大変美味しいものばかりでした。


IMG_7535.jpg IMG_7541.jpg IMG_7543.jpg


というわけで今回は食の旅といった感じになりました。お土産も美味しそうなものを選んでみました。


IMG_7547.jpg
アクアワールド茨城県大洗水族館で見つけた鮫カレー。サメ肉が入っています。魚肉の香りが強く、魚肉すり身駄菓子のビッグカツを思わせるカレーでした。


IMG_7548.jpg
レトルトあんこう鍋。レトルトだと侮れないクオリティ。あんこうも肉、皮、ヒレ、エラ等たっぷり入っている。野菜もしっかりしたものがたくさん入って満足感が高い。


IMG_7580.jpg
明太子のテーマパーク、めんたいパーク大洗で見つけたいわし明太。大きなイワシに明太子がたっぷり詰まっていてご飯が無限にすすむおかずでした。


IMG_7554.jpg IMG_7582.jpg IMG_7584.jpg
茨城県の名産さつまいも、紅はるかを使用した干し芋。その中でも開発に10年かかったという最高級の一品。眩しい黄金色で食感も良く上品な甘さはそのままでも上等な和菓子と言っていいレベルです。軽くあぶっても表面がさっくりして美味しい。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トルコ味
2018/01/28(Sun)
1月に入り寒さが本格化してきました。月曜日に降った雪がまだ溶けていません。


どうも、ジャムです。


金曜日にモンハンワールドが発売されましたね。というわけでジャムの国にもようやくPS4が導入されました。


IMG_7438.jpg


ついに最新ゲームデビューだと思ったのですが、すでに発売から4、5年経過していたのですね。


そんなわけでモンハンワールドを買ったのですが、携帯ゲーム機と違い家庭内で複数プレイヤーがいる場合同時プレイできないんですね。流石に本体もソフトも二つずつ買うわけにはいかないので、しばらくは嫁のにるぎりがプレイしそうです。私はキャラメイクだけ済ませました。


閑話休題。


昨日ガルパン最終章を観に行きました。相変わらず話の本筋は単純明快で取り付きやすく、その中で繰り広げられる掛け合いや元ネタ小ネタが心地良いという作品でした。話の理解にストレスが無く、小ネタを知らなくてもマイナスにはならないという辺りが人気の秘訣でしょうか。


劇中とあるキャラクターの「人との関わりと同じくらい、孤独も大切なこと」という内容のセリフが心に響きました。同意しかありません。


上映時間は45分程度で、せっかく街に繰り出してそのまま帰るのも勿体なかったので近所には無いトルコ料理屋に行きました。


IMG_7444.jpg


肉がやらかい!


IMG_7445.jpg IMG_7446.jpg IMG_7447.jpg
IMG_7448.jpg IMG_7449.jpg IMG_7450.jpg


最近では屋台やファーストフードでもおなじみのケバブですが、鶏、牛、マトンと種類も豊富で特にトマトソースとヨーグルトをかけたイスカンダルケバブが美味しかったです。


全体的にインドや中央アジアと比べてスパイスは控えめ、地中海沿岸ほど素材の味重視でシンプルというわけでもなく、素材の味を活かしつつヨーグルトの酸味で味付けしたという料理でした。味付けが地理的条件とリンクするのが面白いですね。


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年もよろしくおねがいします
2018/01/06(Sat)
今年もよろしくお願いします。


どうも、ジャムです。


年末年始は私が敬愛するサークル『アトリエYUMEnoZUKA』のなをさんをお招きして、嫁のにるぎりと三人でボードゲームに興じていました。


IMG_7352.jpg IMG_7361.jpg


いつもの枯山水に始まり、『キャッチ・ザ・ムーン』、『クトゥルフ・ウォーズ』をプレイ。いつもにるぎりと二人で遊んでいたので、三人で遊ぶのは新鮮でした。やはりプレイヤーが増えるとゲーム展開も複雑になり楽しいものです。


友人の少ない人生を歩んでいたので、このように誰かと遊ぶこと自体が稀なのですが、正月休みに友人同士で集まって何かするということが実は人生初体験でした。


ボードゲームはルールの確認やプレイ上での交渉など、自然とコミュニケーションが発生するので会話が苦手だけど誰かと楽しみたいという方にはオススメです。また、個人的にはカードやコマなど手に触れられる物を実際に手で動かすことそのものにも喜びを感じます。


閑話休題。


去年はサークル『音の瓶詰』としては5月の例大祭にコピー本と手焼きCDを頒布したのみ、その他も夏コミで東方ピアノ合同に1曲参加させて頂いただけで、創作活動が活発とは言い難い一年でした。


今年は多少は活発な活動にしたいなと思いつつ、それが重荷になるようでも本末転倒なので良いバランスを見極めていきたいです。


好きでやるということはどういうことなのか、よく考えます。単純に考えれば、やっていて楽しいことなのでしょうが、その他にもやらずにはいられないことだったり、やらないと逆にストレスになるようなことがあるのかもしれません。


いずれも「好き」ということの形のひとつだとは思うのですが、自分の場合ピアノやサークル活動は「好き」といえるのか常に自問しています。


やっていて楽しいのは間違いないのですが、創作や演奏は決して楽しいばかりではありません。地味で面倒くさいことが多いです。果たして自分にとってピアノや創作活動は、やらずにはいられなかったり、やらないとストレスになるようなことなのか。やらなければそれはそれでうまく適応しつつ生きていける気もします。


自分にとって「本当」に好きなことは何だろうと自問しています。有難いのはこの問の答えを必ず出さなくてはならないと決まっているわけでも誰かに義務付けられているわけでもないところです。もしかしたら、好きとは何かを考えること自体が好きなのかもしれません。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ